2018年7月13日金曜日、
京セラ大阪ドームで、
プロ野球オールスターゲームが始まった。

いよいよ夏の風物詩である、
プロ野球オールスターゲームの始まりである。

2018年プロ野球オールスターが始まった

今年は、メジャー帰りの松坂、上原が、
ファン投票で選ばれたということがあり、
ファンの方は盛り上がっていたことだろう。

やはり、ファンというのはありがたいことで、
自分が好きな選手は、オールスターゲームに出てもらいたい、
そういう心理が働くのは当たり前のことだ。

いよいよオールスターゲームが始まった!1回の攻撃

1回の表セリーグの攻撃は、
相手ピッチャー、菊池雄星選手の投球に、
タイミングが合わず、三者凡退。

そして1回裏の攻撃。
いよいよ松坂投手がマウンドへ上がる。

ブルペンでも緊張が見えた松坂投手。
どんなピッチングをするのだろうと楽しみにしていた。

1番打者西武秋山に対して、フルカウントからの
カットボールをホームラン!

2番柳田倒れ、3番 日本ハム、近藤が
ヒットで繋ぎ、 4番中田翔に デッドボール、
これも抜けぎみのカットボールだったが、
これでノーアウトランナー1塁、2塁、

5番オリックスの、 吉田正尚が 外角のシュートを
センターにタイムリーヒット。

この辺でもう通用しないのかな?
という感じが漂い始める。

続く西武浅村は、ライトフライに倒れる。

しかし次の西武森が、 松阪の3球目、
137 km のカットボールをフルスイング!
文句なしのライトへの一発を放り込む。
いきなりの大量失点、5点を献上する。

オールスターゲーム第1戦2回の表の始まり

いきなりの、5対0からのゲームの始まりである。

もうゲーム終わったかなという
感じが漂い始めた2回の表、

四番筒香選手が倒れ、5番広島鈴木選手
3球目のストレートを、バックスクリーン右にホームラン。

続くヤクルト、バレンティンが1球目を
左中間へ二塁打、 そして7番 DeNA 宮崎選手への
2球目のストレート、左翼席上段へのホームラン。

ここで、少しおかしいなと自分は思った。
あくまでもここは球宴 !

期待されていた松坂投手は、初回5失点。
少し意気消沈した、たくさんのファンがいる。

ここはゲームを楽しくするためにも、
菊池投手は、打たせたのだと思った。
菊池投手が投げる133 km のストレートは、
なかなか見ることができないと思う。
明らかに演出であると思う。

それがオールスターであるからこそ、
お祭りの祭典であることだからこそ、
できたことであると思う。

松坂投手はソフトバンクでは出なかった!

松坂投手は、メジャーから帰ってきて
ソフトバンクに3年契約で入ったが、
1軍での活躍は、見られなかった。

3年間、 ほとんど出る場面がなく、
契約切れの時に、コーチを打診されたようだが、
現役続行の意思が固く、ソフトバンクを退団し
中日ドラゴンズに移籍し、今年は3勝3敗で
勝ち星はついているが、

ソフトバンクでの起用がなかったことは、
今日の結果を見ても、コーチ陣の判断が
適切だったということを意味していると思う。

松坂投手は終わりなのか?

偉そうに言うつもりはありませんが、
投げ方も、肘が下がってきているし、
真っ直ぐがシュート回転もしている。

そしてストレートの球速は 130 km 台、
決してコントロールがいいピッチャーではない。

投げたいという気持ちは分かるし、
人気があるというのもわかる。

しかし自分のパフォーマンスに翳りが出てきて、
既に何年も経つのなら、 引き際はは大切にしてもらいたい。

“晩節を汚すな”という言葉はよく聞きます。

大選手であれば、それは色々あると思いますが、
今日のゲームを見て、少し悲しく思いました。

それは今日対戦した若手選手が、
一番思っているのかもしれません。

ありがとう松坂大輔!