タクシードライバーの仕事がどんなものなのか、日々の出来事を中心にお伝えします!

ジャイアンツに原監督が戻ってきた!

原辰徳がジャイアンツに戻ってきた!

原辰徳監督が2019年より、自身3度目の読売ジャイアンツの監督に就任した。

私は子供の頃から鯛ノ原辰徳ファンで、原さんが選手、監督で出ていない試合はほとんどプロ野球を見ていなかった。

それぐらい昔からのファンである。その原監督の復帰である。どんな采配を見せてくれるのか、これから楽しみだ。

これまでの原監督の成績はどうだった?

1995年の現役引退後、解説者などを経て、1999年にジャイアンツの1軍野手総合コーチに就任した。そして翌年2000年には、ジャイアンツの1軍ヘッドコーチに就任する 。

2001年9月に、第15代読売ジャイアンツの監督に就任した。 1年目シーズンとなる2002年は、 「ジャイアンツ愛」 を掲げ、就任1年目でリーグ優勝し、日本シリーズでは、西武ライオンズとの頂上対決で、球団史上初の 無傷の4連勝で、監督初年度での日本一を達成した。

就任1年目での優勝は、ものすごく嬉しかったし、興奮したの覚えている。

しかし、就任2年目は 主力選手の相次ぐ故障と、 投手陣も低迷したことにより、リーグ3位に終わった。 そしてこの2年間で第一次原政権は終わった。

これには色々あったようだが、当時の阪神の星野監督が、原監督の扱いに不満をあらわにし、「現場の厳しさが分かっていない」と、語義を強められていたことを思い出す。

そして甲子園での最終戦後に、球場全体から「辰徳コール」が起こり、星野監督から花束が渡され、慰労の言葉をかけられ、抱擁されていたのが、今見ても涙が出るくらい感動的だった。

第2次原政権!

2005年10月、堀内監督に代わって第17代読売ジャイアンツ監督に就任した。 その年からの11年間、第2次原政権は長期政権となった。

この間リーグ優勝7回、日本一3回と、監督としての偉業を達成された。打倒巨人と言われる中でのこの成績は、戦術に関して色々言われもしたが、凄い戦績を残されたと思う。

原監督が、選手時代の引退スピーチで、「私の夢には続きがあります。その言葉を約束して、今日、引退します。」と言われて、この成績を残された。子供の頃から、プロ野球を引退するまで、色々と勉強されたんであろうし、自分自身の野球の父親が、監督であった中でも、監督の在り方であるとかを、得られていたのだと思います。

この頃は、ずっとジャイアンツを見ていたが、あっという間の11年間だった気がする。本当にこの頃は野球をよく見ていた。最近はあまり見なくなったような気もするし、ジャイアンツの試合自体が中継されないことも多々あるようになった。

WBC でも優勝監督になった!

2009年には、ワールドベースボールクラシック日本代表の監督に就任。

日本を大会2連覇に導いた。

スランプに陥っていたイチロー選手を、外すことなく、最後まで使い続け、韓国との決勝戦では、そのイチロー選手が、決勝タイムリーを放ったときは、鳥肌が立った。

そして3度目の監督就任!

2018年10月、高橋由伸監督の辞任後、 第19代読売ジャイアンツの監督に就任した。

そして2019年のシーズンがいよいよ開幕する。是非ペナントシリーズを制覇し、 クライマックスシリーズも勝ち抜き、そして自身4度目の日本一に輝いてほしいと思う。

がんばれジャイアンツ!!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

初心者の方からトップブロガー、トップアフィリエイターの方まで満足頂ける、最高・最強のワードプレステーマ「THE THOR」! 圧倒的にSEOに強く、アクセス・収益アプを強力に後押しする 「集客・収益化支援システム」、美しく・おしゃれで・洗練された デザイナーズサイトがワンクリックで完成します!

CTR IMG